☰ Menu
トップページ » ブログ体験記 » カナダはもう産油国じゃなくなったの?!そして大失敗

カナダはもう産油国じゃなくなったの?!そして大失敗

| by | ブログ体験記

何年か前から、

アメリカでシェールオイルが採掘されていたね!

最初はアメリカでの産油は、

とても費用がかかっていたんだよ!

でも、2018年の夏ごろにはとうとう世界第二位の産油国になっちゃった!

技術が進んだんだね。

このときには、世界一位がロシア、二位がアメリカ、三位がサウジアラビアだったよ。

サウジアラビアを抜いちゃった(*_*;!

※産油国、米国2位浮上(注1

マリアがFXを勉強しはじめた頃には、

カナダが産油国だから原油価格と通貨が相関するってことだったんだけど(;´Д`)

原油が上がってもカナダドルが上がらない日が増えたよ

産油国ランキングを探していたら、

外務省の「キッズ外務省」っていうページが見つかったんだけど…。

今月は2018年12月。

原油生産量はとうとうアメリカが第一位になってる!

※1日あたり原油生産量ランキング (注2

ここで見ると、カナダはもう世界五位なんだね( ノД`)シクシク…

上位三位の国はどこも1日あたり1,000万バレル以上なのに、カナダは483.1万バレル。

アメリカの3分の1近くなんだ

カナダドル/円(CADJPY)のチャートは下がりっぱなし!

XMMT4だよ(;'∀')

※バレルとは (注3

次は米ドル/カナダドル(USDCAD)だよ!

こちらは上がりっぱなし。

どちらも10月の終わりごろから動きが出たね!

マリアは、カナダドル/円を売っていこうと考えました('ω')ノ

WTIの 原油価格が50ドル以下になってどれだけ下がるかわからないしね!

それに、先進国の株価も通貨も下がってしまったのです。

こういうときには円は上がるんだけど、

これで円に対してカナダドルを売る理由がいーっぱいできたんだよね

※WTIとは (注4

チャートを見ても、下がりつづけていて、少しは戻すかもしれないけど1ロットだけ売ってみます!

この日はクリスマスイブだったけど、為替市場はやっていたんだよ(^^♪

サンタさんが利益というプレゼントをくれるといいけど?!

翌日、利益はプラスだからこのくらいで利益確定しておこう!

と思ったら、XMは海外業者さんだからクリスマスがお休みだった!

操作ができないから、XMのお休みが終わるまで利益確定はおあずけです( ゚Д゚)

マリアは失敗してしまいました。

JKちゃんにも教えないと!

みんなも気を付けてね!

※金融市場休日カレンダー (注5

■■■■脚注■■■■

(注1)原油生産、米国2位浮上で変わる取引(日本経済新聞)

(注2)1日あたりの原油の生産量の多い国(外務省)

(注3)1バレルは何リットル?ガロンとの違いと日本円換算(All About)

(注4)WTI原油先物  (だぶりゅてぃーあいげんゆさきもの)(大和証券)

(注5)金融市場休日カレ ンダー(Klug FX)

XM Trading口座開設詳細を見る

【19年6月】 XM(FX)

XMのおすすめポイント

■ レバレッジ最大888倍(国内業者最大25倍)!

■ クイック入金と同日引出し可能!

■ 約定パワー100%!

【口座開設のみで3000円ボーナスのもらい方】

*当サイトからのXMに登録!

○ 対象者:当サイトからXMに行き口座開設した方
○ 開催期間:2019年6月30日まで

○ 受取方法

  1. 下記のリンク、もしくはこちらからXMに行きます。
  2. 口座開設(無料)を完了します。
  3. 自動的に自分の口座に3000円の取引ボーナスが入金されます。

***この3000円を使って得た利益はすべて出金可能です!***

XM Trading
バイナリーオプション・FX体験ブログ
バイナリーオプション
海外FX
バイナリー入門特集
HOW IT WORKS特集
国内・海外業者比較特集
見方・評価の仕方特集
運営者情報
転載・複製は厳禁です
Copyright 2019 binaryoptionjp.com All Rights Reserved
Top