☰ Menu
トップページ » バイナリーオプションとは・FXとは

バイナリーオプションとは・FXとは


バイナリーオプションとは

バイナリーオプションは英語で

「Binary Option」

といわれていて、通貨ペアや株価など、市場にある取引可能な銘柄のレートが今よりも高くなるか安くなるかを単純に予想する投資商品です。

例えば円/ドルの相場が今1ドル120.00円だったとしましょう。
これがあと10分で上に行くのか、それとも下に行くのかということを選択するものです。

決めた方向が合っていれば、事前に確認したリターンがあって、反対に行ってしまうと投資金が没収されてしまう

という流れになります。基本的にはこの2つのどちらかの選択肢です。

投資や市況グラフなどが分からない初心者の方にも利用しやすいという点がこの数年バイナリーオプションの人気の秘密だといえるでしょう。

日本で夜に当たる時間でも他の地域では取引が盛んに行われています。そのためほぼ24時間できる取引商品になっていて、やっぱり短期決済で予想利益・損失が事前に分かることが安心となり、いわゆるリスク管理もしやすいですね。

バイナリーオプションはほんとのところどこが良いの

■ 投資前に「いくらが投資額でいくら期待利益があるのかが」わかる

■ 10-30分くらいの短期投資。30秒、60秒などもあり。

■ 500円~1000円ほどの小額から始められる

バイナリーオプションはこんな人に最適!

バイナリーオプションはぶっちゃけて言うと、花占いに「好き、嫌い」がありますが、これとおなじような感じです。思いつきでどちらにするか予想した場合でも、半分の確率で利益を上げることができる、そういう投資商品なんです。ではこの確率をどうやってあげていくか?

ここにチャートやグラフをよくみて研究するというものが必要になってくるんですね。

てんでんバラバラに何でもかんでも投資していくような姿勢では利益を上げていくことはできません。それではギャンブルとなにも変わらなくなってしまいます。そのため、中・長期的にちゃんと利益を上げていくことを目的とできる方にはとても向いている投資商品といえるでしょう。

1. 会社勤めのサラリーマンやOLなど平日自由な時間が少ない方

バイナリーが派生してきたのは、FX取引のおかげだと考えられていますがそのFXではチャート動向をPCにかじりついて長時間眺めている必要があります。いくらMT4・メタトレーダーを利用していても結構PC拘束時間が長いのが事実です。会社やオフィスで仕事をしている多くの方にはこの時間がなかなか取れないというのがネックですね。

バイナリーオプションでは満期時間というのが事前にちゃんと設定されているので、ずっとPCとにらめっこしている必要がありません。忙しい時はポジションだけとって外出し、結果は家に帰ってきてから確認すれば良い、そういう投資方法もできるのがバイナリーオプションです。

2. クロージングが苦手で、損切りベタな方

FXとの大きな違いは、売買時期という満期時間が事前に決まっていることです。そのため

「保有ポジションをいつ売ればいいのか分からない!」

「損が出てるんだけど、上がるのを待っているうちにズルズルと損が膨らんでしまった!」


なんていうことがありません。あくまで上に行くのか、それとも下に行くのかを予想することがあなたのやることで、それ以外はすでにシステムが決定してくれます。

3. 軍資金があまり用意できない方

どれだけ投資をしたくても、その最低参加限度が何100万円だったら実際に参加するのは難しいですよね。バイナリーオプションは最少で500円から投資が始められます。もちろん、少なければ少ないほど、利益が出たときの額も少なくなります。でも、投資への敷居が低いのはとても参加しやすくて良いですね。

当サイトでは体験型のブログ投稿メンバーがほとんど毎日アップしていますのでぜひご覧下さい!バイナリーオプション初めての方は、まずはこのハイローオーストラリアがぴったり!

FXとは?FXの仕組み

FXでの投資に興味があるけど、まずなにをすれば良いのかさっっぱり分からないという人もいるかも知れません。そういう人は、まずFXの仕組みを簡単に知っておきましょう。FXは、各国の為替レートの差を利用して利益を得ます。基本的な考え方は、株の投資などと変わらず

「安く買ったものを高く売る」

あるいは

「高値で打ったものを、安値で買い戻す」

ことで、利益をあげることができます。

FXは、同じことを通貨で行います。例えば海外旅行でアメリカに行くときは、円を米ドルに両替をします。この時の為替レートが

1ドル=100円

だったとしましょう。

10万円を両替すると1,000ドルとなります。そして帰国した時に、今度は米ドルを円に両替します。

この時1ドル=110円なら

1,000ドルは11万円

となり1万円の利益が生まれます。

逆に1ドル=90円

になっていれば、1万円の損をしたことになります。

FXの基本は、これと同じことをして利益を得るものです。そしてFXでの利益は、もう一つスワップポイントというのがあります。これは各国の金利差を利用して利益をあげるものです。日本の金利が0.1%だとすると、100万円を1年間預けると100円の利息を受け取ることができます。しかし例えば米ドルなら1.0%の金利、豪ドルなら5.0%の金利なら、そちらに預けたほうが利息が多くなります。

この金利の差で得ることができる利益をスワップポイントと言います。

FXの証拠金取引

FXの特徴の1つが、この証拠金取引です。レバレッジと言う言葉を聞いたことがあるかもしれません。証拠金取引とは、このレバレッジを利用して行うことができる取引です。

例えばレバレッジが4倍だとします。100万円のものを買うには、通常100万円が必要なのは当たり前のことですが

レバレッジが4倍ならば、25万円の証拠金があれば、100万円のものを買うことができる
のです。

つまりこの場合は

100万円の手持ちで400万円までの買い物

ができることになります。

同じレバレッジ4倍で、FXで考えてみましょう。

米ドルが1ドル100円を想定すると、25万円の証拠金で100万円(25万円x4倍)まで買えるので、1万ドルを購入します。

そして1ドル95円になった時に円に戻すと120万円になります。

25万円の元手で20万円もの利益が出ました。レバレッジを利用せずに25万円で同じ取引をしていたら、利益は5万円です。レバレッジを4倍にしたことで、利益も4倍になりました。

しかしこれが逆のケースになれば、損失が4倍になってしまいます。確かに損失が何倍にもなると聞くと、とても恐ろしいものに感じます。しかし損切りを確実に行うなどの損失が拡大しないための戦略をしっかりと実践できれば少ない元手で大きな利益を得ることができるのが、この証拠金取引なのです。

どんなFX業者がよいの?

FX業者を選ぶ時は、自分が想定している取引スタイルとあっているのかが重要になります。短期的に積極的な取引で利益を狙いたい場合は、手数料スプレッドなどの取引コストが少ない業者を選びましょう。

逆に中長期的な投資で、スワップポイントで利益を上げることを狙っている場合には取引コストが若干高めでも、スワップ金利が高い業者やスプレッドが固定されている業者がおすすめです。そして短期的な取引を想定している場合に特に重要なのが、サーバーなどの業者のシステムの安定性です。

FXの取引では、タイミングとスピードが大切です。しかし業者のシステムが安定していないと、絶好のタイミングでの注文ができないケースがあります。この辺りは、実際に使ってみないとわからない部分もありますがネット上のクチコミ情報などで、ある程度の状況は把握できますので、それらの情報もチェックしましょう。

しかし業者選びには、そこまで慎重になる必要はないかもしれません。使ってみて不満があれば、別の業者に乗り換えれば良いだけです。ほとんどのFX業者は口座開設料は無料ですから、手間以外のデメリットは見当たりません。FXの業者は、国内外を含めて本当にたくさんあります。それぞれのメリットとデメリットを把握して、良いFX業者を選びましょう。

おすすめの優良FX業者は、ダンゼンXM.com(XEマーケット)です!

バイナリーオプション・FX体験ブログ
バイナリーオプション
海外FX
バイナリー入門特集
HOW IT WORKS特集
国内・海外業者比較特集
見方・評価の仕方特集
運営者情報
転載・複製は厳禁です
Copyright 2016 binaryoptionjp.com All Rights Reserved
Top