☰ Menu
トップページ » 海外バイナリーオプション業界の構造

海外バイナリーオプション業界の構造


バイナリ―オプションの取扱業者はいろいろありますが、本格的な取り引きを楽しめるのはやはり海外の業者です。

海外の投資家たちの間では、バイナリ―オプションはすでに広く知られている金融商品であり

海外にプラットフォームを置く業者では、国内の業者よりも充実したサービスやサポートを提供しているところが数多くあります。

そんな海外のバイナリ―オプションはどのような特徴があるのでしょうか。

取引のシステム


基本的にはウェブブラウザ上で取り引きするものになっています。

専用のダウンロードツールなどはなく、仕組みがシンプルなバイナリ―オプションは、複雑なツールに頼らないウェブ上のシステムで充分にわかりやすく行えるからです。

ですので、パスワードなどを控えていればどこでも取引が可能であり、ログインをすれば、すぐに取り引き画面が表れ、タブで株式や為替、物価指数、商品を選び、簡単に取引することができます。

また、スマートフォンを用いれば、外出先でも場所を選ばず、気軽にログインして取引をすることが出来るのです。

システム供給企業は数社が独占


マーケット・パルス(Market Pulse) → ハイローオーストラリア
テック・ファイナンシャル(Tech Financial)→ ワイバイナリー
トラドロジック (Tradologic) → バイナリー88
スポット・オプション (Spot Option) → スマートオプション

これらの会社が、ほとんどの海外業者の取引プラットフォームを提供しています。

多彩な取引対象


海外の企業というだけあって、取り引きの対象となるものが通貨だけではなく、個別株式銘柄や株価指数、商品指数なども対象になっています。

AppleやSonyといった超有名銘柄を相手に取り引きが行えますし、株価指数としてはアメリカのダウ指数、ナスダック指数、イギリスのFTSE指数、フランスのCAC40指数、ドイツのDAX指数などがあります。

商品では原油指数などが用いられ、通貨指数では、変わったところでは、USD/NOK(ノルウェー・クローネ)やUSD/TRY(トルコ・リラ)といったあまり知られていない通貨ペアまであります。

取り引きできる対象が多い方が、その利便性や拡張性が発揮され、有効な投資が行えるのです。

気軽に行える口座開設


取り引きで使用する口座の開設も、非常に簡単です。

クレジットカードとメールアドレスがあれば、ものの数分で口座開設と入金をも完了させ、すぐに取引を始めることが出来ます。

日本の業者では、同意書や本人確認、必要書類の提出、セキュリティーのためのパスワードの郵送など、実に様々な手間がかかるのですが、海外の業者では、こういった手間がかからないのです。

自由なエントリー


海外のバイナリ―オプションでは、おおよそ期限が1時間ごとに設定されています。

取り引きの締め切りは期限時刻の5分前ぐらいです。

その間はしっかり時間が取れるため、有効に活用することができ、勝てそうな傾向が見込めるものを選んでエントリーすることも可能になります。

入金方法について


基本的に入金はクレジットカードで行うことになります。

クレジット入金は日本ではまだあまり馴染みが無く、抵抗感があるかと思いますが、厳重なセキュリティーを布くカード会社は海外に多くあります。

どうしてもカードを使用しない、また、使用できない場合には、銀行送金も使うことが出来ます。

この銀行送金に対しても、ほとんどの海外業者が対応しています。

ただし、通貨がJPYではなかったり、反映が遅い、手数料が高いなどというデメリットも含んでいます。

他には、電子マネーにも幅広く対応しており、ネッテラーをはじめ様々な電子マネーも使うことが出来ます。

海外の業者の多くがグローバルな企業であるため、多様な国家、顧客に対応できるようにするため、実にさまざまな方法が取り入れられています。

また出金の際には、海外業者では、ほとんどが月2回以上の引き出しは手数料が有料になります。

1ヵ月に一回の引き出しであれば無料になっていますが、2回目以降では日本円で約2,500円の手数料がかかり、出金がすべて無料の日本の業者とは大きく異なるのです。

取引時間について


取り引きの時間は、世界中の市場を対象にバイナリ―オプションのサービスを提供しているため、長めに設定されています。

基本的には、24時間で週に7日で取り引きを行う事が出来ます。

国内業者の場合、日本の市場を対象にバイナリーオプションの取引サービスを提供しているため、国内の市場が開いてる時間にしか、取り引きを行う事が出来ないのです。

休眠口座になることも


海外のバイナリ―オプションの業者は、6ヵ月の間ログインをしないでいると、アカウントが停止状態になることがあります。

この場合はその旨がメールにて通知されます。

また、一度でもログインをし直せば、休止された口座は再びアクティブにすることが出来ます。

豪華な入金ボーナスやコンテスト


海外の取引業者は入金時のボーナスに力を入れています。

参考:プロモーションやボーナスについて

おおよそ入金額の30%ものボーナスになっており、月ごとにボーナス制度は一新され、最大入金額の100%以上ものボーナスをもらえることもあります。

また、楽しげなコンテストを開催するワイバイナリーでは、日本人限定で1位に300万円の賞金を出したりしています。

高い収益を狙える


海外のバイナリ―オプションでは、日本にはない高収率のものが多数あります。

ハイローオーストラリアでは2倍のリターン、ワイバイナリーでは最大で500%のリターンなど、その配当リターンが大きいため、上手く使うことが出来れば高い収益を上げることが出来ますが、通常の取り引きよりも制約が多くなっています。

例えばターゲットの値が通常の倍以上に遠く設定されていたり、途中の権利放棄が出来なかったりなど、条件が厳しいので扱いが難しいのですが、ドル/円やユーロ/ドルなどの相場が大きく動いた時に狙えば、大きな利益を出すことが出来ます。

デモ取引を利用できる


海外の取引業者では、デモ取引を利用できることが多く存在します。

デモ取引とは初心者でも安心して利用することが出来る取り引き方法で、実際の投資金を利用せず、仮想資金を使って取り引きのデモを行えるのです。

ハイローオーストラリアのように公式サイトへのアクセスするだけで、このデモ取り引きを利用することが出来る業者もありますが、中には口座開設を行って入金をしないとデモ取引を行えない業者もあるので注意が必要です。

海外バイナリ―オプションで取り引きを始めてみようという初心者の方には、このデモ取引をやってみることをお勧めします。

日本語へ向けての対応


多くが自国などに本拠地を持つ海外の取引業者ですが、現在では日本に進出しているところも多く、そのほとんどのサイトでは日本語での表記を当たり前としています。

日本人向けへのわかりやすいサポートに力を注いでいる業者も多いため、国内の取引業者のサイトを利用するのとほとんど変わらない条件で、バイナリ―オプションに投資することが出来ます。

海外においても、日本の市場は魅力的であり、できるだけ多くの日本人投資家に取り引きをしてもらうためにと、サイトの日本語化はもちろん、日本語でのシステム説明、日本人スタッフによるメールや電話、チャットでのサポート対応も行われています。

国内・海外業者比較特集 - MENU -

Step1. バイナリーオプション業者一覧
Step2. FX業者一覧
Step3. 国内業者と海外業者の違い
Step4. 優良海外業者のチェック項目
Step5. 海外バイナリーオプションの構造
Step6. 海外業者の詐欺実態と回避方法
バイナリーオプション・FX体験ブログ
バイナリーオプション
海外FX
バイナリー入門特集
HOW IT WORKS特集
国内・海外業者比較特集
見方・評価の仕方特集
運営者情報
転載・複製は厳禁です
Copyright 2016 binaryoptionjp.com All Rights Reserved
Top