☰ Menu
トップページ » 最新ニュース » ビットコインに関する記事が監視対象に、ウェブ閉鎖もあり得る - ロシア

ビットコインに関する記事が監視対象に、ウェブ閉鎖もあり得る - ロシア

| by | 最新ニュース

ビットコイン=仮想通貨

銀行による仲介や国の規制概念に囚われず、インターネット上で商取引が可能な電子マネーの一種、ビットコイン=仮想通貨が注目されています。しかし一方では通貨としての価値が曖昧、リスクがあると懸念され問題視されている部分もあります。

ロシア検閲

ロシアでは、メディア監視機関 « Roskomnadzor»による検閲があり、ビットコインに関しての記事などもその対象とされ厳しくなってます。ロシア国内全ウェブサイトにおいて、「ビットコインに関する記事は編集する、もしくは削除せよ」との示唆があり、これに反する場合はサイト閉鎖も厭わないという内容です。

内容がビットコイン

ここで問題ありと指摘されたのは、 « Zuckerberg Pozvonit »(訳:Zuckerbergはこう思う)のサイト。インターネット革新についての議論で、しかも2年も前に載せられていた記事です。その内容がビットコインについてであり、ビットコインでできる事や匿名でお金を動かすことが可能な仕組みを説明しているのです。

このサイト運営管理を行うVyacheslav Tsyplukhin氏によれば「業界に関係する法律やそれに伴う政治について議論の場」であり、情報を提供しただけで間違ったことはしていないと反論しています。

しかし裁判所が出した結論は、記事の内容に犯罪収益のロンダリングを意図するものが含まれているとし、これは無意識的に市民に悪い影響を与えるリスクがある、としたのです。

このようにビットコインに関する記事などを載せたメディア、サイトへのアクセスは遮断されるなどの措置がなされました。

法的な位置は?

さて、ロシアのトップであるプーチン大統領のコメントでは、ビットコインは法律を侵しているわけではないにしても、通貨としての価値は無いに等しいとの見解を示しています。ロシア国内ではビットコインについての考え方が未だに合法か非合法にあたるのか、ハッキリと定められていないことが、今回のような騒動を引き起こしてしまっているのです。

まだまだ実験的な位置にあるビットコインでの取引ですが、スタイルがFXにも類似していることもあり、今後どのような道を辿っていくのか注目です。現時点ではビットコインを証拠金としてFX取引もできる業者もあり、ポジティブな面も伸張しています。

【16年9月】 ワイバイナリー(Ybinary)

おすすめポイント

■ 短期取引は30秒、60秒、2分、5分から!

■ 丁寧でレスが早いお客様サポート!

■ ネッテラー、クレカ、銀行送金に対応!

【当サイト限定の最強シグナルのもらい方】

*当サイトからのワイバイナリーに登録+10万円以上をご入金された方にあのトレーディングセントラルからの「勝てる」シグナルを無料で配信!

○ 対象者:当サイトからワイバイナリーに行き、口座開設+10万円以上入金された方
○ 開催期間:2016年9月30日まで

○ 受取方法

  1. 下記のリンク、もしくはこちらからワイバイナリーに行きます。
  2. 口座開設(無料)を完了します。
  3. 10万円~をご入金します。
  4. 担当者まで取引シグナルの配信をご希望の旨をご連絡(設定に数日かかるときがありますのでご連絡はお早めに!)
  5. トレーディングセントラルから1日2~3回ほど配信される取引シグナルを2ヵ月ご提供

***通常は50万円のご入金にてご提供している取引シグナルとなりますので、大変お得です。***

詳しいキャンペーンはこちら

ワイバイナリー口座開設
バイナリーオプション・FX体験ブログ
バイナリーオプション
海外FX
バイナリー入門特集
HOW IT WORKS特集
国内・海外業者比較特集
見方・評価の仕方特集
運営者情報
転載・複製は厳禁です
Copyright 2016 binaryoptionjp.com All Rights Reserved
Top