☰ Menu
トップページ » 最新ニュース » 遂に中国株急落、バブル崩壊が与える影響がアジアへ

遂に中国株急落、バブル崩壊が与える影響がアジアへ

| by | 最新ニュース
中国株の暴落

いつか来るのでは?と懸念されていた中国株の暴落、バブル崩壊がとうとう始まりアジア地域全体にその波が影響を与えています。

8日はアジア全体の主要株価指数が全面安となり、中でも上海総合指数は5.9%安に転じ、香港ハンセン指数は5.84%安という数字になりました。

上がる下がるも政府の手の中

中国政府は口座空売り防止のための監視強化や、株を買いやすくするための支援策提供、手数料を引き下げる、企業の大株主に対して株売買を停止させるなどあらゆる策を発表しましたが、株安は止まらず。

香港では、中国本土で不振に陥っていたマンションなどの不動産事業関連の銘柄が大きく下がりました。

世界への影響

さて、気になる日本への影響はというと日経平均では638円安となりました。(-3.14%)。

中国の情報技術関連企業、アリババグループでは上場以来初の安値を更新し、中国株式市場への懸念が前日のニューヨーク市場にも影響したようです。

このアリババグループに出資しているソフトバンク、こちらも株価が下がり終値は-2.97%の前日比となり、伊藤忠商事においては-9.24%下げになりました。

静かに忍び寄る

反面、シンガポールではアジアの中でも中国からの影響が最も小さく、-1.87%。

売られた銘柄の多くは中国との関連が深いとされている香港財閥系で、中国では市場の暴落でパニックに陥った個人投資家が自殺したなどのニュースも相次いでいます。

社会不安を拡大させないために、中国政府も力任せではありますが株価を支える策を講じていますが、その効果は未だ出ていないようです。

FXやバイナリーでは?

ただ、どこかの国で経済の流れに転機があるということは、その分利益を上げる国も出てくるわけです。

特に外貨取引を行うFXやバイナリーオプションにとっては好機に転じるチャンスがあるともいえます。

中国株が下がることで、他国の株価が上がる、影響を受ける外貨を見極めて取引に注目するとFXやバイナリーオプション取引での投資が一層面白くなるのではないでしょうか。

XEマーケット(XM Trading)口座開設詳細を見る
バイナリーオプション・FX体験ブログ
バイナリーオプション
海外FX
バイナリー入門特集
HOW IT WORKS特集
国内・海外業者比較特集
見方・評価の仕方特集
運営者情報
転載・複製は厳禁です
Copyright 2017 binaryoptionjp.com All Rights Reserved
Top