☰ Menu
トップページ » バイナリーオプション国内&海外業者の違い

バイナリーオプション「国内」と「海外」業者のメリット・デメリット比較


最近人気の取引である「バイナリーオプション(BO)取引」ですが、取引を扱う業者の数が多すぎて「どこを選んだらいいかわからない!」という人も多いようです。

BO取引を扱う業者は、大きく分けて「国内業者」と「海外業者」に分類することができます。

国内業者はまだ数が少なめですが、BO取引の人気の高まりから年々その数が増加している傾向です。

「国内業者を選ぼうか、海外の方がいいのか…」

まずはこの点から業者選びをスタートしてみませんか?

ここでは両者のメリット・デメリットや業者選びのコツをご紹介していきます。

海外業者の良い点・悪い点は?


■海外業者のメリット


1.業者選びの選択肢は広い

BO取引を扱う業者のほとんどは海外に拠点を置く海外業者です。

これはBO取引自体が海外で発達した取引・投資方法であることが関係しています。

数ある中から業者を選べるので、より自分にあった取引スタイル・ボーナス特典などを設けた業者を選びやすい傾向にあります。

2.取引銘柄・取引スタイルが豊富

海外業者はそのほとんどが通貨の他、株、株価指数、商品等の多数の取引銘柄を揃えています。

また予測の判定システム等も多彩で、より自由にBO取引を楽しむことができるのもメリットの一つです。

3.日本語対応度が高まっている

公式サイト・取引システム内等の表記を日本語に対応させたり、サポートセンターに日本人をサポートスタッフとして置くなど、日本人向けのサービスを充実させた企業が増えています。

また日本企業が海外で会社を作り「海外業者」として運営を行っていることもあり、「海外業者=外国語ができないと使えない」という認識はすでに古いものとなりつつあります。

4.すぐにBO取引を開始できる

登録や口座開設等にあたって、本人確認書類等の提示が必要となる業者は少なめです。

思いついた時にすぐにBO取引を開始できる、気軽に取引を始められるのが海外業者の特徴となっています。

■海外業者のデメリット


1.出金時に手数料がかかることもある

出金方法によっては、出金時に所定の手数料が発生することがあります。これは海外の金融機関から日本の金融機関へ送金を行う場合に発生する手数料です。

会員ランクによって手数料の額が異なったり、出金方法によって手数料を無料とする業者もありますので、手数料の内容はよくチェックしておく必要があります。

2.日本語サポートが弱い業者もある

知名度が低い業者、日本人向けサービスが充実していない業者の場合、日本語サポートが行われていない場合もあります。

公式サイトの記載のみならず、サポート対応に日本語対応があるかどうかはよくチェックしておきましょう。

国内業者の良い点・悪い点は?


■国内業者のメリット


1.資金を安全に運用できる

国内業者は日本の金融庁によってライセンスを取得し、信託保全を行っています。万一の企業倒産といったトラブルがあった場合でも、ユーザの資金は信託保全によって安全に守られることが法律によって定められているのです。

「トラブルに対する安全度の高さ」は大きなメリットと言えるでしょう。

2.手数料が無料であることが多い

国内業者の多くが、各種の手数料を無料としています。出金時等に余計な手数料を払う必要がないので、少額の取引を行いたいという人にも嬉しいメリットとなっています。

3.最低取引金額が安い

国内業者では取引に参加できる最低取引金額が平均50円~100円と低額に抑えられています。初めてBO取引に参加する人でも気軽に参加できる金額です。

■国内業者のデメリット


1.取引銘柄・投資スタイルの幅は狭い

国内業者の場合、その殆どは取引銘柄を「外貨」のみに定めています。また判定システムも「アップ・ダウン」といった二者択一形式の取引は行えず、「ラダーオプション」のみに限定されることが殆どです。

海外業者に比較して、取引の自由度は大きく下がると言えます。

2.短い時間での取引判定が行えない

国内業者におけるBO取引については2013年に大きな規制が入り、1分単位での取引判定が行えなくなっています。

取引判定には通常2時間以上の時間がかかるため、スピーディーなリアルタイム取引を行いたい人には不満が多いかもしれません。

2.口座開設には本人確認とテストがある

口座開設時にはパスポート・免許証等の本人確認書類を提出し、この審査に通る必要があります。

またBO取引への理解度(基礎知識の確認)を行うテストがあり、これにクリアしないと口座開設ができません。

取引をスタートするまでには最低でも一週間程度の時間がかかりますので、この点には留意しておきましょう。

自分に合った業者を選ぼう!


海外業者に向いているのは、少額から大きなリターンを掴みたい人、気軽にBO取引を始めたい人、また短時間にリアルタイムでの取引の楽しさを味わいたい人などです。

反対に国内業者に向いているのは、BO取引ビギナーで取引方法に慣れたい人、小さなリターンをコツコツと積み上げて行きたい人、自分の資金を絶対に安全に運用したい人などとなります。

まず最初に国内業者でBO取引に慣れてから、海外業者にチャレンジしてみるというのもひとつの手です。

いずれにしても「自分の取引スタイルにしっくりと来る業者」を選べれば、BO取引を楽しみながらリターンを掴んでいける可能性はグッと高くなるはずです。

現在の自分に合ったスタイルの業者を選んで、快適なBO取引を始めてみましょう。

国内・海外業者比較特集 - MENU -

Step1. バイナリーオプション業者一覧
Step2. FX業者一覧
Step3. 国内業者と海外業者の違い
Step4. 優良海外業者のチェック項目
Step5. 海外バイナリーオプションの構造
Step6. 海外業者の詐欺実態と回避方法
バイナリーオプション・FX体験ブログ
バイナリーオプション
海外FX
バイナリー入門特集
HOW IT WORKS特集
国内・海外業者比較特集
見方・評価の仕方特集
運営者情報
転載・複製は厳禁です
Copyright 2016 binaryoptionjp.com All Rights Reserved
Top