☰ Menu
トップページ » ブログ体験記 » やっぱりバイナリーは世界の動きと連動している、マクロな視点も大事でしょ

やっぱりバイナリーは世界の動きと連動している、マクロな視点も大事でしょ

| by | ブログ体験記

こんにちは!

おさるトレーダーのみぎーです!

さて、おさるはおさるなりに頭を使い、

ちょっと世界情勢もチェックしながら

バイナリーをやってみようと思いました!

え、また思いつきでやっているって?

いやいや、

以前から、バイナリーが世界の通貨を売買している以上、

世界的な動きと連動しているのに違いないと思っていたんです。

だから、海外ニュースや経済動向も見ておかないとなって。

で、さっそくアメリカのニュースCNNを見ていたら、

さっそく気になる記事があるじゃないですか!

「有力シンクタンクのレゾリューション財団は、

 インフレ調整後の平均収入について、

 2025年までは世界金融危機前の水準を下回る状況が続くと予想した。

 つまり賃上げを見込めない状況が17年間続くことになる。」注1

これ、2017/11/24のネットCNNニュースからです。

EUからの離脱のため、景気低迷するイギリスの話なんですけどね。

それにしても、17年間も賃上げなし?

イギリスもうだめじゃん。

としたら、今日はイギリスポンドがダダ下がりしているんじゃないか。

早速、GBP市場をチェックしましたよ。

ハイローオーストラリアのチャートはこんな風です。

うんうん、下がっていますなあ。

ついでにリアルチャートも見ておこうっと。

あ、ついでに11/23に発表された、

イギリスの四半期国内総生産(GDP、速報値)はこんな風です。(注2

なんていうかもう、全体的にダメダメな雰囲気ですね。

さて視点をもう少しミクロに戻して、

GBP市場本日の60分チャートです。

60分のチャートでは、ゆるく上下をしています。

これだと大雑把すぎてよくわからないので、

もう少し短期(5分足)で見ていくと

こんなんです。

どーんと下がったところですね。

堅めのロー基調っぽいので、

ここはひとつ、ひさしぶりにターボスプレッドで勝負しちゃうかな。

5分のターボスプレッドですが、ローで高額を突っ込みます。

なにしろ、イギリスのハモンド財務相が

「EU離脱を一因とする経済成長見通しの引き下げを発表し、

 英国は世界の5大経済大国から脱落したと指摘」 注1

するほどだもんね。

それにしても、自分んちの経済がダメダメだって発表しちゃうって、

すごいよね、イギリス人!

スプレッドにしても差がつくほどの下がり具合を見せています。

よしよし、このままいってもらいましょう。

そしてラストに見事な着地!

スプレッドですから、ペイアウトは2.0です。

うーん、大金を突っ込んでいるだけに、

きっちりハマると儲かりますねえ。

とりあえず、この日はもう少し稼がせてもらって撤退しました。

いやはや、これはもう、

ちゃんと世界情勢を見てから戦術を考えれば、

勝率が上がるんじゃない?

これからは、

心を入れ替えてもっとマクロな視点を持とうと 思ったみぎーでした。

あれ、マクロで合っている?

ひょっとして、ミクロな視点だった?


■■■■脚注■■■■

(注1)CNN

(注2)Yahoo Japanファイナンス

ハイローオーストラリア口座開設詳細を見る

【17年12月】 XM(FX)

XMのおすすめポイント

■ レバレッジ最大888倍(国内業者最大25倍)!

■ クイック入金と同日引出し可能!

■ 約定パワー100%!

【口座開設のみで3000円ボーナスのもらい方】

*当サイトからのXMに登録!

○ 対象者:当サイトからXMに行き口座開設した方
○ 開催期間:2017年12月31日まで

○ 受取方法

  1. 下記のリンク、もしくはこちらからXMに行きます。
  2. 口座開設(無料)を完了します。
  3. 自動的に自分の口座に3000円の取引ボーナスが入金されます。

***この3000円を使って得た利益はすべて出金可能です!***

XM Trading
バイナリーオプション・FX体験ブログ
バイナリーオプション
海外FX
バイナリー入門特集
HOW IT WORKS特集
国内・海外業者比較特集
見方・評価の仕方特集
運営者情報
転載・複製は厳禁です
Copyright 2017 binaryoptionjp.com All Rights Reserved
Top