☰ Menu
トップページ » ブログ体験記 » 相場の種類によって使い分けして投資できるバイナリーオプション!読者さんが送ってくれた嬉しいバイナリー体験

相場の種類によって使い分けして投資できるバイナリーオプション!読者さんが送ってくれた嬉しいバイナリー体験

| by | ブログ体験記

どーもどーもウィルです!

海外のBO業者には、ところによってかなりの取引システムの違いがあるのはご存知でしょうか?

ハイローはどこにでもあるとしても、例えばレンジ取引などは無いところが多いのです。そのような解説をしてくれた投稿です!

いろいろな取引システムを使い分けよう!

海外のバイナリーオプションではハイアンドロー、ワンタッチ、レンジイン、レンジアウトといろいろなオプションがあり、相場の種類によって使い分けして投資しています。

ハイロー(高低)

ハイアンドローはトレンド相場によく使用しているオプションです。上昇トレンドならハイのみのポジションを取り、下落トレンドならローのみのポジションを取ります。上昇・下落トレンド中にハイもローもポジションを取ろうとすると勝率が悪くなってしまいます。ハイアンドローでは価格が上がるか下がるかだけですが、ペイアウト率が2倍弱なので勝率が50%では負け組になってしまいます。出来るだけ非効率なポジションは取りたくないところです。

トレンドを見るにはテクニカル指標のボリンジャーバンドが使いやすいです。上昇トレンドならバンドが右肩上がりになり、下落トレンドならバンドが右肩下がりになります。バンドが平行ならレンジ相場、バンドが収縮しているときは小動き相場、バンドの上限・下限に張り付いてバンドが拡大してきたらトレンド発生または乱高下相場と判断しています。

ワンタッチ

ワンタッチは一度でも目標価格にタッチすれば的中なので、レンジ相場にピッタリです。ボリンジャーバンドの上限・下限で逆張りしていけば勝率が上がりやすいです。ボリンジャーバンドの上限・下限で両建てするとダブルで的中して2度美味しいのが良いところです。その代わりにレンジ相場からトレンド相場に転換してしまうと、途端に勝率がダウンしてしまいます。その時はハイアンドローに切り替えするようにしています。

レンジ(境界)

レンジインは一定の価格帯に収まっていれば的中なので小動き相場にピッタリです。FXで小動き相場だとpipsを稼げないうえにスプレッドの取引コストが痛い事が多いです。しかしレンジインならそういった状況でも稼ぎやすいのが良いところです。ですが相場が乱高下しだすと、途端に勝率がダウンしてしまいます。

そんな乱高下相場にピッタリなのがレンジアウトです。これなら一定の価格外に飛び出せば的中なので乱高下相場でも稼ぎやすいです。その代わりに行って来いになってしまい、判定時刻までに元に戻ってしまうと稼げなくなってしまいます。バイナリーオプションでは途中清算も出来るので、現在は的中の価格だけど、判定時刻までに的中外になりそうと言うときは利益確定も可能です。

逆にこのポジションはもう的中しそうもないと判断したら損切りすることも可能です。このように投資するようになってからは、結構稼げるようになりました。これからバイナリーオプションを始めようとお考えの方は、ハイアンドロー、ワンタッチ、レンジイン、レンジアウトが取引できる業者に口座開設すると良いです。

*上記に紹介の業者は、日本からの新規登録を停止しております。

*以下↓↓はおすすめの優良ブランドのハイローオーストラリアです。

ハイローオーストラリア口座開設詳細を見る

【17年6月】 XM(FX)

XMのおすすめポイント

■ レバレッジ最大888倍(国内業者最大25倍)!

■ クイック入金と同日引出し可能!

■ 約定パワー100%!

【口座開設のみで3000円ボーナスのもらい方】

*当サイトからのXMに登録!

○ 対象者:当サイトからXMに行き口座開設した方
○ 開催期間:2017年6月30日まで

○ 受取方法

  1. 下記のリンク、もしくはこちらからXMに行きます。
  2. 口座開設(無料)を完了します。
  3. 自動的に自分の口座に3000円の取引ボーナスが入金されます。

***この3000円を使って得た利益はすべて出金可能です!***

XM Trading
バイナリーオプション・FX体験ブログ
バイナリーオプション
海外FX
バイナリー入門特集
HOW IT WORKS特集
国内・海外業者比較特集
見方・評価の仕方特集
運営者情報
転載・複製は厳禁です
Copyright 2017 binaryoptionjp.com All Rights Reserved
Top